送料無料!第5世代!Apple(アップル) iPod nano(アイポッドナノ) 8GB【快適生活】

iPodに必要なパソコン

ipodを使用するには、当たり前ですが、必ずPC(パソコン)が必要となります。
ipodでステレオやコンポなどから取り込めると思っている人も、ゼロではありません。

音楽CDの曲のデータをPC上で圧縮してから、ipodにデータを取り込む訳です。ですから、PCには、データを圧縮変換できるソフトウエア(itunes)がインストールされている必要があります。


ややこしいのは、著作権上の制約ですね。1台のPCで複数のipodを使い分けるというのは可能ですが、複数のPCから1台のipodにデータを取り込むことができないように設定されています。


つまり、知らずに、複数のPCとデータをやり取りしてしまうと、ipodに入っているデータが全て矯正的に消去されてしまいますのでご注意ください。


そのため、ネットカフェなどを利用して音楽を取り込むというのは無理ですね。

ipodに必要とされるパソコン環境ですが、windowsでしたらWindows XP SP2またはWindows 2000 SP4、MacでしたらMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作するものが必要です。


それ以前のOSについては、ipodは対応していません。
PCとipodを接続するには、USB2.0かFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要となります。

ipodの中身をPCに移したいという場合もあるかと思いますが、itunesは不正コピー防止のため、ipodからPCへ音楽を戻すという機能がないようです。

ただし、ネット上のフリーソフトを利用するとできないことはないようです。
 
【PR】
 育毛シャンプー リンパマッサージ ニキビケア ホリデー車検 皇潤 竹原慎二の30upclub

iPod Q&A

1.最近よく耳にするポットキャストとは何ですか?

ポットキャストは、インターネット上のラジオ番組のようなもので、iPodなどの携帯プレイヤーに音声データを保存して聴くことが可能な放送(配信)番組のことをいいます。


以前は、ポットキャストでは、音声データファイルのみの取り扱いでしたが、現在では音声データファイルのみならず、動画データファイルの配信も行われているそうです。


iTunesでも、無料で多数公開されていているそうですし、iTunesでMusicStore > Podcast の順でメニューを追っていくと、簡単にポットキャストを入手できるそうです。

2.複数のPCでipodは使えますか?

家族や友人のPCに入っている音楽を、自分のipodにも取り込みたいと思う人は多いと思います。しかし、著作権の問題により、ipodがデータをやり取りすることができるPCは1台に限られてしまっています。
もし、それ以外のPCとデータをやり取りしてしまうと、ipodに入っているデータが全て消去されてしまうそうなので、注意が必要です。


逆に、1台のPCで複数のipodを使い分けるのは可能です。したがって、普段はipod、通勤にはiPod shuffleといったことはできます。

3.mp3とAACのどっちがいいですか?

mp3AAC。どちらも一般に普及しているエンコード(データ変換方式)ですので、簡単に優劣は決めることができません。
mp3形式のほうが人気があり、最も普及しているエンコードですので、選ぶ必要があったら、mp3のほうがいいかもしれません。

 
★送料無料★Apple iPod classic 型番:MB150J/A ブラック (160GB)  ※ご注文後お取り寄せ

iPodに音楽を取り込む方法

ipodはアップル社から発売された、ポータブルミュージックプレーやで、世界的にも最もポピュラーな製品です。

ipodが普及した理由は、携帯性とその使いやすさという点が大きいかと思いますが、それでも初めてipodを使用する人には、判りにくい点があるかもしれません。

まず、ipod本体に音楽データを取り込む際には、itunes(アイチューン)というソフトが必要となります。
このitunesを使えば、iPodシリーズで音楽や動画の取り込みなどの管理ができます。

以前は、itunesは、付属のCD-ROMで取り込むことができましたが、現在は添付されていません。バージョンの新しいipodを購入する場合は、itunesをアップル社のサーバーからダウンロードする必要があります。
ダウンロードしたら、パソコンにitunesをインストールします。

itunesを起動して、ipodを購入した際に付属していたUSBケーブルでパソコンとつなぎます。その後、音楽データを取り込む前にipodの環境設定を画面表示にしたがって行います。

環境設定さえ済ませれば、手持ちのCDやレンタルしたCDなどから音楽データを、ipodに取り込むことができます。

また、ituneをライブラリとipodを自動更新するように設定している場合は、CDをパソコンに入れて、ipodを起動する度に、自動でipodに音楽が転送されます。

ipodの容量が大きい場合はそれでも良いですが、動画などを取り込んだりし、容量にゆとりのなくなってしまった場合や、お気に入りの音楽だけをダウンロードしたい場合は、自動更新のチェックをはずしておく必要があります。

自動更新としない場合でも、マウスでのドロップ操作のみで、ライブラリからipodに曲を取り込むことができるので、手軽ですね。

iPodの便利さ

アップル社で製造・販売されているデジタルオーディオプレーヤーipodは、音楽を聴くだけの製品ではありません。

ipodは基本的には音楽を聞く際に使用しますが、それ以外にもいろいろな使い方が可能なのです。

その前に、ipodを使用するには、パソコンが必ず必要になりますので、ご注意下さい。
最初の頃は、アップル社のマッキントッシュ系でしか使用することができませんでしたが、現在ではウィンドウズでも使用できますので、ほとんどのパソコンで利用できます。

ipodは動画を楽しむこともできますが、動画ファイルのフォーマットは決まっています。ネット上には様々な動画をipod用に変換できるソフトが出回っているので、そういったものを利用すると、簡単に動画を楽しむことができます。

音楽以外を楽しむには、まず、「ipodエクストラ」というメニュー画面からもいろいろな機能を呼び出します。
時計機能、アドレス帳、カレンダー、メモ帳、ストップウォッチ、ゲームなど、充実した機能がありますので、ちょっとした手帳代わりになってしまいます。
また、内容を他人に見られたくない場合には、パスワードでロックをかけることもできます。

ipodのモードを「ディスクとして使用する」にしておくと、ポータブルハードディスクとして、ワープロ文書や表計算のデータなど、仕事などに必要なデータをipodに入れて持ち歩くことができます。フラッシュメモリーと同様の形態性がありながら、容量ははるかに大きいですから、便利ですね。

多機能なipodですから、その機能はフルに活用したいものです。

アップル社のiPod(アイポッド)

今若者に大人気のiPodは、パソコンのiMacで知られる米国Apple社によって、独占的に開発・製造・販売されている「携帯型デジタルミュージックプレーヤー」です。

発売された当初は、Macintosh(パソコン)専用のデジタルミュージックプレーヤーでしたが、現在ではWindowsにも対応するようになり、デジタルミュージックプレーヤーとしては、大半のシュアを占めています。第2位のSONYの商品のシェアを大きく上回っています。

iPodの人気の秘密はその携帯性とデザイン性にあります。iPodのデザインには二つの四角と二つの丸で表現できるということが共通しています。

液晶のないshuffleを除いて、大きな液晶画面とホイールでiPodのデザインは構成されています。
このホイールを指で動かして、選曲や音量調節、早送りや巻き戻し、画像や動画の閲覧などのほとんどすべての操作を行うことができます。

iPodには1G〜5Gという5つの世代が存在します。これは同じApple社から出ているマッキントッシュパソコン(いわゆるマックパソコン)などと共通し、Gはジェネレーションの頭文字のGを表していて、データの容量(ギガのG)とは関係がありません。

2006年9月に販売された新5世代はそれまでと比較し、内容的には小規模なバージョンアップとなりました。

2007年1月現在販売されているモデルは、以下の4種類です。
1.ハードディスク内臓タイプのiPod(30GB・80GB、ホワイト / ブラック)

2.ipodの30Gをベースに、オールブラックの機体となったiPod U2 Special Edition(30GB、ブラック)

3.フラッシュメモリを使い、ipod miniよりも更に小型化されたiPod nano(2GB・4GB・8GB、シルバー / ピンク / グリーン / ブルー / ブラック / レッド)

4.液晶画面をなくし、シャッフル再生に特化されたiPod shuffle(1GB、シルバー /ピンク / グリーン / ブルー / オレンジ)