送料無料!第5世代!Apple(アップル) iPod nano(アイポッドナノ) 8GB【快適生活】

iPodに音楽を取り込む方法

ipodはアップル社から発売された、ポータブルミュージックプレーやで、世界的にも最もポピュラーな製品です。

ipodが普及した理由は、携帯性とその使いやすさという点が大きいかと思いますが、それでも初めてipodを使用する人には、判りにくい点があるかもしれません。

まず、ipod本体に音楽データを取り込む際には、itunes(アイチューン)というソフトが必要となります。
このitunesを使えば、iPodシリーズで音楽や動画の取り込みなどの管理ができます。

以前は、itunesは、付属のCD-ROMで取り込むことができましたが、現在は添付されていません。バージョンの新しいipodを購入する場合は、itunesをアップル社のサーバーからダウンロードする必要があります。
ダウンロードしたら、パソコンにitunesをインストールします。

itunesを起動して、ipodを購入した際に付属していたUSBケーブルでパソコンとつなぎます。その後、音楽データを取り込む前にipodの環境設定を画面表示にしたがって行います。

環境設定さえ済ませれば、手持ちのCDやレンタルしたCDなどから音楽データを、ipodに取り込むことができます。

また、ituneをライブラリとipodを自動更新するように設定している場合は、CDをパソコンに入れて、ipodを起動する度に、自動でipodに音楽が転送されます。

ipodの容量が大きい場合はそれでも良いですが、動画などを取り込んだりし、容量にゆとりのなくなってしまった場合や、お気に入りの音楽だけをダウンロードしたい場合は、自動更新のチェックをはずしておく必要があります。

自動更新としない場合でも、マウスでのドロップ操作のみで、ライブラリからipodに曲を取り込むことができるので、手軽ですね。